バボ太
バレーボールのスパイクが強くてないんだよな、どうしたら強く打てるんだろう...

 

そういった悩みはたくさん受けてきたけど、ほぼ全員が改善した方法を教えるよ!
バボメンター

 

バボ太
おぉ、珍しく頼もしい!

 

珍しくは余計な気が...
バボメンター

 

ということで、今回はスパイクを強く打つ方法を今までの経験上かなり高い確率で上達してもらっている方法で解説していきます。

 

スパイクを強く打つ方法=正しい方法(打ち方)である

スパイクを強く打つ方法=正しい方法(打ち方)である

 

バレーボールのスパイクを強く打つためには正しい方法で打つ必要があります。

 

ここではその正しい打ち方について少し詳しく説明していきます。

  • ひじを伸ばして打つ
  • 体の前で打つ
  • 速くスイングする

スパイクを強く打つ方法1:ひじを伸ばして打つ

 

まずはひじを伸ばして打つことが大切です。

 

バレーボールはネットを挟んで戦うスポーツなのでスパイクを打つときには1番高いところで打つことが重要です。
そのため、ひじをしっかり伸ばして自分の最高打点でボールを叩くということがとても重要です。

 

せっかく高くジャンプをしてもひじが曲がった状態でスパイクを打ってしまうと打点が下がってしまうので、相手のブロックにつかまってしまったり、ネットにボールをかけてしまったりというようなことが起こってしまいます。

 

ですので、ひじを伸ばして打つという事はしっかりと意識しなければいけません。

 

スパイクを強く打つ方法2:体の前で打つ

 

次に体の前で打つということです。

 

なぜ体の前で打つことが大切なのかというと、頭上よりもはるかに力が入りやすいからです。

 

ひとつ前で「最高打点でボールを叩くことが重要」と説明しましたが、ここでの最高打点とは「自分がしっかり力を出すことができる最高打点」というように覚えてください。

 

では、具体的に体の前とはどこなのかというと下記の通りです。

ポイント

  • 手を上げてひじを伸ばした状態であり、
  • あごを引いた状態のままボール全体がしっかり見える位置(かなり上目遣いになります)

 

スパイクを強く打つためにも、自分にとっての「体の前」がどこになるのかをしっかり把握しておきたいところです。
慣れないうちは自分の手でボールをあごを上げずに見れる位置までボールを動かしてしっかりと覚えましょう。

 

さらにアドバイス

この際、ボールが利き手側の肩のラインの延長線上にあるようにしましょう。

 

スパイクを強く打つ方法3:速くスイングする

 

次に、速くスイングする(腕を振る)こともスパイクを強く打つためにはとても重要です。

 

それは、パワーは力×速度ですので、スイングが速ければ速いほどパワーが高くなるからです。

 

少々運動学的な説明になりましたが、イメージをしてみてもスイングが速い方がボールを強く打つことができそうですよね。

 

スイカ割りも棒を速く振り下ろした方がしっかり割れる!
バボメンター

 

バボ太
例え微妙じゃね?

 

じゃ〜、ビンタも速い方が痛い!
バボメンター

 

バボ太
…。

 

いや、なんか言えよ(笑)
バボメンター

 

ということで、速く腕が振れるように意識しましょう。笑

 

また、正しい方法で打つことができれば体に無理な負担をかけることがないので、怪我をすることなく強いスパイクを打つことが可能です。

 

スパイクを強く打つための練習方法

スパイクを強く打つための練習方法

 

では、次に実際にスパイクを強く打つスキルを身につけるための練習方法について解説していきます。

  • 床に叩きつける
  • 手投げで打つ(ネットなし)
  • 手投げで打つ(ネットあり)

 

スパイクを強く打つための練習方法1:床に叩きつける

 

まずは「ボールを強く叩く」ことだけを意識した練習です。

やり方

  • あなたが右利きであれば、左手で右肩の前にボールをあげる。
  • そのボールを顔の高さで思いっきり床に(少し前)向かって打ちつける。

 

これでも強く叩けない場合は、顔の高さよりも下で叩いてもOKです。理由は、頭の上でボールを叩くのは実は結構難しいからです。

 

このように、まずは力の出しやすいポイントで強く打つことを繰り返し、あなたの体を「ボールを強く叩く衝撃(感覚)」に慣れさせてあげることが重要です。

 

さらにアドバイス

これで強く打つことに慣れてきたら徐々にボールを打ち落とす場所を遠くにしていき、ここでは最終的には6m先(アタックラインからエンドライン)くらいに強く打ち落とせるようになりましょう。

 

スパイクを強く打つための練習方法2:手投げスパイク(ネットなし)

 

少し強く打つことに慣れてきたら、次は実際のスパイクに近い状態での練習をしていきます。

やり方

・自分で上にボールを上げる
・ジャンプしてボールを下に向かって強く叩く。

 

イメージとしては、ひとつ前のジャンプをしないで行う練習の6m先に落としていた練習をジャンプをして行う感じです。
ネットを使わないことでここでも「強く打つ」ことを優先しながら練習を行うことが可能です。

 

自分で「強く打てた!」と思ったらどんどん打つポイントを自分の最高打点に近づけていきます

 

そしてボールをおおよそ最高打点で打てるようになってきたら、6m先からさらに遠くの9m先を狙ってボールを叩いていき、最後は9mをさらに超えて壁にぶつけていきます。

 

さらにアドバイス

壁にぶつけていく際は、高さは自分が床に立った状態の胸くらいの高さ(多くの人が実戦に近い角度になるかと思います)を狙いましょう!

 

ちなみに、この練習は誰かパートナーがいればボールを投げてもらって行ってももちろん全然OKなので、自分の環境に合わせて行ってくださいね。

 

スパイクを強く打つための練習方法3:手投げスパイク(ネットあり)

 

最後に仕上げの練習です。
実際にネットを挟んでひとつ前と同じ練習を行っていきましょう!

 

ネットなしの練習のようにスパイクを強く打ちたいですが、この練習ではネットがあるので特に身長の低い場合はそう簡単には強く下には落とせないですよね。

しかし、そうなった時に使えるスキルをこの時点だとあなたはすでに持っています!

 

ひとつ前の練習の最後の段階で「壁」にぶつけるというところまでやりました。
その際にやっていたように、下ではなく前方に対してボールを打っていく感覚を使って自信を持ってネットの向こう側へ打つ練習をしてください。
その感覚でたくさん本数を打っていば段々と身に付いてくるはずです。

 

さらにアドバイス

ネットから手が出ない場合はトスをネットから離して、しっかり奥に強く打つ練習をしましょう!

 

また、この練習を行う際はできれば実際のスパイク助走をしながら行うとより試合に近い状態となり良いです。

 

スパイク助走のコツについては下記の記事で詳しく解説をしているのでぜひ参考にしてください。

バレーボールのスパイク助走のコツを解説【踏み切りのコツも伝授】

 

筋力も重要です

筋力も重要です

 

さて、ここまででスパイクの正しい打ち方や練習方法について解説をしてきましたが、「強いスパイクを打つ」にはやはり筋力も必要です。

 

細い体でもスイングスピードがあれば十分にスパイクを強く打つことは可能ですが、パワーには質量も関係するので腕が太ければ多少スパイクを強く打つことに有利に働いたりもしますし、スパイクの動作は体幹部の力も大いに使う動作です。

 

ですので、中学生以上であれば積極的に基本的な筋トレ(腕立て、腹筋、背筋)を行うようにすることで、「強いスパイクを打つ」という目標達成の近道になることは間違いないです。

 

あなたが現在もし「筋力があんまりないな」と感じている場合は少しずつ筋トレも頑張りましょう!

 

まとめ

 

今回はスパイクを強く打つために必要なことを練習方法も含めて解説してきました。

 

ここめでの内容をまとめます。

  • ひじを伸ばして打つ
  • 体の前で打つ
  • 速くスイングする

 

スパイクを打つ際にはひじを伸ばして自分の体より前でボールを打つことが大切で、さらに腕のスイングのスピードを速くすることも重要でしたね!

 

練習方法も繰り返しておきます。

  • 床に叩きつける
  • 手投げで打つ(ネットなし)
  • 手投げで打つ(ネットあり)

 

スパイクを強く打つための練習ではまずは「ボールを強く打つ」ことだけを意識した練習をして、その後で実際の打点に近づけていくことが大切だということでしたね!

 

この記事に書いてある内容を意識して練習をしてもらって、あなたが強いスパイクを打てるようになることを願っています。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます(^^)

2020年4月21日


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 『 TOTAL VOLLEYBALL 』 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.