どうも、バボメンターです。

 

今回は「スパイク助走って種類とかあるんですか?」だったり「スパイク助走のやり方がわからないです」といった悩みに答えていきます。

 

はじめに助走の種類と使い分けを解説して、その後助走自体のやり方や踏み切りのコツやまで解説していきます。

 

では、始めていきましょう!

 

スパイク助走の種類

 

助走の種類ですが、ここでは単純に「何歩で助走をするか」という視点で分けていきます。

 

3歩助走

 

3歩助走とは、「3歩かけて跳ぶ助走」のことです。そのまんまですね!

 

この助走の特徴はズバリ「一番高く跳びやすい」ことです。

 

なぜこの助走が一番高く跳びやすい助走なのかというと、それは

 

長い距離助走を取ることができ、最も助走のスピードが上げやすいから」です。

 

スピードの速さに比例して大きな力を生み出すことができるので、その分強く床を蹴ることができ、結果として高くジャンプができる」という構造になります。

 

走り出すときを考えてみても、スピードを上げるのって距離も時間もかかりますよね。理解はしやすいかなと思います。

 

しかし、この助走にはデメリットがあります。

 

それは、「時間がかかる」ということです。

 

1歩、2歩、3歩と踏んでいくわけですから、当然時間がかかってしまいますよね。

 

このようなことから、この3歩助走は「トスが高く上がっていて時間があるときに適した助走」ということになります。

 

2歩助走

 

続いては2歩助走です。

 

はい、その通りです。「2歩かけて跳ぶ助走」のことですね。

 

この助走はバレーボールの試合で上の3歩助走と同じくらい使われる助走で、その特徴は「距離と時間が程よい」です。

 

この場合の「距離」と「時間」というのは、

 

メモ

・自分の立ち位置からボールまでの距離

・助走を始めてから跳ぶまでの時間

 

のことになります。

 

少し詳しく説明していきますが、この2つを説明する際にポイントとなるのが「試合」です。

 

ここではブロックをした後のアタッカーを想像してもらいたいです。(初心者の方は少し想像しにくいですかね、すみません)

 

バレーボールでは前衛の選手は、ブロックをした後はすぐにまた攻撃(スパイク)をしなくてはいけません。

 

その際に、レベルが高くなればやはり早いトスが来るわけです。ですので、スパイクの助走を取るためにゆっくり下がっている時間はないのです。

 

ですので、自分の立ち位置からボールまでの距離が程よく(近すぎず長すぎない)、助走を始めてから跳ぶまでの時間も程よい(時間がなさすぎない)という特徴をもつ2歩助走は、

 

程よい距離でスピードを上げて短時間でジャンプすることができるので、ラリー中にとても便利なのです。

 

1歩助走

 

最後に1歩助走です。

 

もう説明はいりませんね、「1歩で跳ぶ助走」です。

 

1歩って、ほぼ助走なしですよね。

 

ここまでで3歩助走と2歩助走の説明をみてきたので、この1歩助走は自分の立ち位置からボールまでの距離が全然ないときや、本当に時間がないときに使う助走なんだということはわかってもらえるかなと思います。

 

例をあげると、自分が思ったよりトスが割れて(自分の近くに上がって)きた場合や、センターの選手がブロックを跳んだあとクイックに入るときなどです。

 

そんな状況の中でも「1歩で最大限スピードを上げて素早く跳ぶ」ために、この1歩助走もしっかりと身につけておきたい「技術」ということになります。

 

ここまでに紹介してきた3つの助走の特徴を下にまとめてみました。

 

  3歩助走 2歩助走 1歩助走
跳びやすさ
時間の余裕

 

この図の通り、時間の余裕がないと跳びづらいですものですが、試合では色々なシチュエーションがあるので、3種類のステップを瞬時に使い分けれるようになってくださいね!

 

スパイク助走のコツ

 

ここでは実際の助走(ステップともいいます)のやり方とコツについて解説していきます。

 

ここまでで解説してきた3歩、2歩、1歩の助走ですが、2歩助走は3歩助走から1歩目を削ったもので、1歩助走は2歩助走から1歩目を削ったものです。

 

なので、瞬時の使い分けという部分を無視してしまえば「3歩助走ができれば全部できる」ということになります。

 

というわけで、ここからは3歩助走の解説をしていきます。

 

リズムの重要性

 

スパイク助走(ステップ)は最後は「両足でジャンプ」です。

 

ですので、もちろん通常の歩行ではないわけです。

 

ですので最初に教わるときに「イチ・二・サンシ!」や「タン・タン・タタン!」、右利きであれば「右・左・右左!」というようにリズムで教わったかと思いますが、これはとても良い方法です。

 

普段の歩行は「タン・タン・タン・タン」のように一定ですので、この一番慣れているリズムでないリズムを習得しようとする際は、

 

習得したいリズムを繰り返して(スパイクステップのリズムで実際に足を動かして)体得していくのがベストです。

 

リズム練習はじめ〜

「イチ・二・サンシ!」、「イチ・二・サンシ!」、「イチ・二・サンシ!」

「タン・タン・タタン!」、「タン・タン・タタン!」、「タン・タン・タタン!」

「右・左・右左!」、「右・左・右左!」、「右・左・右左!」

 

といった感じで、慣れるまでどんどん繰り返しステップをしてできるようになりましょう!

 

1、2歩目の役割

 

「スパイク助走の一番大事な部分は実際にジャンプをする直前である3歩目である」

 

これは正解でもあるようで、間違いです

 

確かに「ジャンプをする」ことだけを考えれば3歩目が一番重要ですが、スパイク助走において1、2歩目も同じくらい大切な役割があります。

 

それは「距離の調整」です。

 

具体的には、「3歩目をしっかり踏むためのボールとの距離の調整」が1、2歩目の役割です。

 

次に解説しますが、3歩目をで床をしっかり踏むためにはここでしっかり歩幅を調整する必要があります。

 

ラスト1歩は大きく踏み出し床を強く踏む

 

次に3歩目(=ラスト1歩)です。

 

この3歩目で一気に加速してスピードを上げていきます。

 

右利きであれば2歩目に出した左足に体重を乗せて、一気に大股で前方向にジャンプをするように踏み込みます。

 

こんなイメージ

「横断歩道のシマシマを何個飛ばしできるか」とか「ギリギリ跳べそうな大きな水たまりを跳び越える」ようなイメージです。

 

そして、2歩目から3歩目に移る際に両手が後ろに来るように準備します。(右利きの場合、3歩目の右足を前に出しているとくきに、左てを前に持ってこないようにします)

 

これで踏切の準備は整いました!

 

スパイク助走の踏み切りについて

 

さぁいよいよ離陸です!笑

 

「タタン!」と素早く足で床を蹴り、そのタイミングに合わせて後ろに準備した両手を一気に振り上げて勇気と希望を胸に思い切って跳び上がりましょう!

 

ココがポイント

前方向に加速したスピードを上方向に変換してあげるために、右利きの場合、最後の左足は少し内股になるように踏み切るのがコツです!

ココに注意

踏み切りの両足の幅が広くなりすぎてしまうと床を強く蹴れず、結果として高く跳べなくなってしまうので注意してくださいね!

 

まとめ

 

今回はスパイク助走の種類とコツについて解説してきました。

 

ステップには3歩助走、2歩助走、1歩助走があり、それぞれ試合でのシチュエーションごとに適した場面があり、使い分けられるようになると良いということでしたね。

 

また、ステップ習得のポイントは「リズム」、「歩幅調整」、「しっかりとした踏み切り」ということでした。

 

この記事を参考に、スムーズなスパイク助走を身につけてもらえたら嬉しいです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます(^^)

 

バボメンター

練習

2020/4/24

バレーボールのオーバーハンドパスの5つのコツ【初心者向け】

バボ太オーバーハンドパスって、指痛いし難しすぎてできる気がしないわ。もうバレーやめようかなレベル。チ〜ン。。   オーバーハンドパスは確かに難しいし、苦手な人もすごく多いからバボ太の気持ちは分かるな。バボメンター   でも、諦めたらそこで試合終...バボメンター   バボ太いや待て!!!それなんか種目違わないか?   おっとバレたか!笑バボメンター   でも、バレーでももちろん大事!今日はオーバーハンドパスのコツを教えるから一緒に頑張っていこう!バボメンタ ...

ReadMore

練習

2020/4/23

【初心者必見】スパイクを強く打つ方法【練習方法も紹介】

バボ太バレーボールのスパイクが強くてないんだよな、どうしたら強く打てるんだろう...   そういった悩みはたくさん受けてきたけど、ほぼ全員が改善した方法を教えるよ!バボメンター   バボ太おぉ、珍しく頼もしい!   珍しくは余計な気が...バボメンター   ということで、今回はスパイクを強く打つ方法を今までの経験上かなり高い確率で上達してもらっている方法で解説していきます。   この記事の目次1 スパイクを強く打つ方法=正しい方法(打ち方)である1.1 ス ...

ReadMore

練習

2020/4/23

バレーボールのセットはコツを掴めば実は簡単です【セッター必見】

バボ太トスって何だか難しいね。   確かに難しいって思ってる人は多いよね。バボメンター   バボ太ワシはセッターじゃないけど、セッターになれって言われたら終わる。。   いや、終わらないでくれ(笑)バボメンター   セット(トス)はコツさえ掴めば意外と簡単に上達できるから、終わらせない為にもしっかり解説していくとしましょう!バボメンター   バボ太そこまで言うなら一応聞いてみるか。   とんでもないやつだな(笑)バボメンター   と言う ...

ReadMore

練習

2020/4/23

バレーボールのレセプション7つのコツを解説します【初心者向け】

バボ太いでよ、バボメンター!   いや、神龍じゃねぇ〜わ!笑バボメンター   バボ太それはそうと、なんだかレセプションが上手く返せないからコツを教えて欲しいんだけど。   これだけしっかり突っ込んだのにそれはそうとっておい!笑バボメンター   気を取り直して、レセプションのコツね!レセプションにもしっかりコツがあるから伝授いたしましょう!バボメンター   バボ太のように「レセプションがなかなか上がらない」という悩みは多いのではないでしょうか。   ...

ReadMore

練習

2020/4/23

バレーボールのディグは1日で上手くなれます【6つのコツを解説】

バボ太相手のスパイクが全然上がらないんだけど、コツとかあるの?   もちろんあるよ!初心者でもこれさえ守れば上がるようになるってコツを教えましょう!バボメンター   バボ太のように「ディグがなかなか上がらない」という悩みは多いのではないでしょうか。   その前に、もしかしたら「ディグ」ってなに?という方がいるかもしれないので、その場合は下記のの記事でディグについて解説しているのでこの記事を読む前に読んでおくと良いと思います。 バレーボールのレセプションとディグとは?【区別する ...

ReadMore

2020年3月31日


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 『 TOTAL VOLLEYBALL 』 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.