バボ太
トスって何だか難しいね。

 

確かに難しいって思ってる人は多いよね。
バボメンター

 

バボ太
ワシはセッターじゃないけど、セッターになれって言われたら終わる。。

 

いや、終わらないでくれ(笑)
バボメンター

 

セット(トス)はコツさえ掴めば意外と簡単に上達できるから、終わらせない為にもしっかり解説していくとしましょう!
バボメンター

 

バボ太
そこまで言うなら一応聞いてみるか。

 

とんでもないやつだな(笑)
バボメンター

 

と言うことで(茶番は終わりにしまして)、この今回はセットを上達するためのコツについて詳しく解説していきます。

 

良いセットを上げるための6つのコツ

 

まず、セット(トス)を上げる際に基本的に使う技術はオーバーハンドパスになります。

 

なので、オーバーハンドパスの基本をしっかりと抑えていることが前提になるので、もしまだオーバーハンドパスが不安だなって言う場合はまずはオーバーハンドパスをしっかりと練習しましょう

 

ある程度オーバーハンドパスができるようになっている場合は、ここから先を読み進めてセットのコツをつかんで上手くセットを上げられるようになっちゃってください!

 

今回はセッター目線で解説していくのでセッターポジションの人には特に読んでもらいたいですが、セッターポジション以外の人でもセッターと同じようにセットを上げることができるようになると思います。

 

具体的な今回解説するセットのコツは下の6つです。

 

ポイント

1.  リラックスして待つ

2. レシーバーに正対する

3. 素早くボールの下に入って止まる

4. 身体がまっすぐの状態でボールを触る

5. ボールが落ちてくるまで待つ

6. 必要な分の力でボールを押し出す

 

これらのコツさえ頭に入れて練習をすることができればセットは一気に上達すると思うので、1つずつしっかり覚えていきましょう!

 

セットのコツ1:リラックスして待つ

 

まずは「リラックスして待つ」です。

 

これは下のレセプションのコツの記事でも解説しているんですが、膝を曲げすぎずにリラックスした姿勢で待つようにしましょう。

 

バレーボールのレセプション7つのコツを解説します【初心者向け】

 

そうすることで、味方が返球したボールに素早く反応することができるようになると思います。

 

セットのコツ2:レシーバーに正対する

 

次に「レシーバーに正対する」です。

 

相手が放ったボールの行き先が分かって、自分のチームでそのボールを取る選手が分かったタイミングで、しっかりその選手(レシーバー)に正対しましょう。

 

正対する」とは身体の正面を向けることと覚えてくれたらOKです!

 

つまり、ボールを取る選手の方にしっかりと身体を向けましょうと言うことです。

 

理由はというと、味方が返球したボールは必ず少しは自分の右か左にズレていると思うので、どちら側に来ても素早く反応することができるようにする為です。

 

ココがおすすめ

味方がボールを触る瞬間にテニスでよく語られるスプリットステップを入れると反応が高まると言われてい流ので、取り入れるのもおすすめです!

 

下の記事が参考になるのでスプリットステップってなんだ?と言う人はチェックすると良いと思います。

 

スプリットステップを行うと、当然、体が宙に浮き、そこから地面に着地することになるわけですが、その着地の「反動」を使うことで、より強く地面を蹴ることができます。

より強く地面を蹴ることができるということは、すなわち、地面から、より大きな反力(いわゆる地面反力)を得ることができるということであり、より素早い動き出しが可能になるということです。

引用:テニスコーチ平野のBLOG

 

このスプリットステップを有効に使いながら反応ができるようになると良いと思います。

 

セットのコツ3:素早くボールの下に入って止まる

 

次に「素早くボールの下に入って止まる」です。

 

味方からボールが出ておおよその落下地点が分かったら、素早くボールの下に移動するのもセットのコツになります。

 

その際に、止まれる余裕のあるボールであればアタッカーにとって打ちやすいセットを上げることを考えてしっかり止まりましょう。

 

やはり、動きながらよりも止まってボールを触った方が正確にボールをコントロールできますよね!

 

ココがポイント

ボールの下に入る際にレフトアタッカーのヒットポイントに正対できるととても良いです!

 

セットのコツ4:身体がまっすぐの状態でボールを触る

 

次に「身体がまっすぐの状態でボールを触る」です。

 

セッターはボールを触る際には身体がまっすぐな状態であることが大切なのですが、それは一体なぜでしょうか?

 

結論から言いますと、それは相手ブロッカーにどこに上げるのかが分からないように(バレないように)する為です。

 

セッターが自分の後ろ方向に上げるセットのことをバックセット(バックトス)と言いますが、初心者セッターにありがちなミスとして、このバックセット(バックトス)を上げる際に、ボールを触る前から身体を後ろに反ってしまうことがあります。

 

身体を後ろに反っているので、相手からすると「あ、ライトに上げるな!」とセットを上げる前に分かってしまいます。

 

相手ブロッカーに上げる場所がバレてしまったらブロックが2枚、3枚しっかりついてきてしまい味方がスパイクを決めるのが難しくなってしまいます

 

このことを避ける為にも、どこへ上げるにしてもしっかりとボールを触る瞬間には身体がまっすぐになっているようにするということもセットの重要なコツになります。

 

セットのコツ5:ボールが落ちてくるまで待つ

 

次に「ボールが落ちてくるまで待つ」です。

 

中学生にこれができていないセッターが意外と多い印象です。

 

自分のおでこの前に手を準備したら、そこにボールが落ちてくるのを待ちましょう

 

待ちきれずにボールを迎えに行ってしまうと下の2つの現象が起こりやすくなってしまいます。

 

1. 落ちてくるボールの勢いと自分が手を上げる勢いがぶつかってしまいドリブルになる

2. 肘がある程度まで伸びてしまっているので遠くに飛ばしにくくなる

 

これを避ける為にも、ボールが落ちてくるまでしっかりと待ちましょう。

 

セットのコツ6:必要な分の力でボールを押し出す

 

最後は「必要な分の力でボールを押し出す」です。

 

ここでのポイントは「必要な分の力」と言う部分です。

 

なぜ必要な分だけと言っているのかというと、セットを上げる場所というのは近い場合もあれば遠い場合もあって、近いところに上げればいい場合には、少ない動きで上げた方が良いんです。

 

セッターの動きが大きくなると、それだけボールも荒れてしまいますしアタッカーが上がってくるトスを想像しづらくなるので注意が必要です。

 

ここで、セッターが上げるセット(トス)の種類とその上げ方をそれぞれ下にまとめてみます。

 

メモ

1. クイック → 指先で弾くだけ

2. セミ → 手首の力で押し出す

3. オープン → 肘を伸ばす力で押し出す(場合によっては膝の力を使って押し出す)

 

こんな感じになるかと思います。

 

このように、距離によって上げ方が違うということをしっかり頭に入れておくようにしましょう。

 

例えばですが、クイックなどで近くに上げる際に肘を使って上げたりするとアタッカーはものすごくタイミングが合わせにくくなってしまったりするので、これはとても大事なセットのコツになります。

 

まとめ

 

今回はセットのコツについて6つのコツを解説してきました。

 

内容は、

 

1. リラックスして待つ

2. レシーバーに正対する

3. 素早くボールの下に入って止まる

4. 身体がまっすぐの状態でボールを触る

5. ボールが落ちてくるまで待つ

6. 必要な分の力でボールを押し出す

 

でした。

 

セッターは毎回ボールに触るポジションなのでセッターのセットが安定することは試合をとても有利に運べることに繋がりますし、セッター以外のポジションの人もセットが上手い選手ばかりのチームは本当に崩れにくいです。

 

崩れないチームの一員としてコート上で活躍する為にも、ぜひ今回の6つのコツを頭に入れて練習でトライしてみてくださいね(^^)

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

練習

2020/4/24

バレーボールのオーバーハンドパスの5つのコツ【初心者向け】

バボ太オーバーハンドパスって、指痛いし難しすぎてできる気がしないわ。もうバレーやめようかなレベル。チ〜ン。。   オーバーハンドパスは確かに難しいし、苦手な人もすごく多いからバボ太の気持ちは分かるな。バボメンター   でも、諦めたらそこで試合終...バボメンター   バボ太いや待て!!!それなんか種目違わないか?   おっとバレたか!笑バボメンター   でも、バレーでももちろん大事!今日はオーバーハンドパスのコツを教えるから一緒に頑張っていこう!バボメンタ ...

ReadMore

練習

2020/4/23

【初心者必見】スパイクを強く打つ方法【練習方法も紹介】

バボ太バレーボールのスパイクが強くてないんだよな、どうしたら強く打てるんだろう...   そういった悩みはたくさん受けてきたけど、ほぼ全員が改善した方法を教えるよ!バボメンター   バボ太おぉ、珍しく頼もしい!   珍しくは余計な気が...バボメンター   ということで、今回はスパイクを強く打つ方法を今までの経験上かなり高い確率で上達してもらっている方法で解説していきます。   この記事の目次1 スパイクを強く打つ方法=正しい方法(打ち方)である1.1 ス ...

ReadMore

練習

2020/4/23

バレーボールのセットはコツを掴めば実は簡単です【セッター必見】

バボ太トスって何だか難しいね。   確かに難しいって思ってる人は多いよね。バボメンター   バボ太ワシはセッターじゃないけど、セッターになれって言われたら終わる。。   いや、終わらないでくれ(笑)バボメンター   セット(トス)はコツさえ掴めば意外と簡単に上達できるから、終わらせない為にもしっかり解説していくとしましょう!バボメンター   バボ太そこまで言うなら一応聞いてみるか。   とんでもないやつだな(笑)バボメンター   と言う ...

ReadMore

練習

2020/4/23

バレーボールのレセプション7つのコツを解説します【初心者向け】

バボ太いでよ、バボメンター!   いや、神龍じゃねぇ〜わ!笑バボメンター   バボ太それはそうと、なんだかレセプションが上手く返せないからコツを教えて欲しいんだけど。   これだけしっかり突っ込んだのにそれはそうとっておい!笑バボメンター   気を取り直して、レセプションのコツね!レセプションにもしっかりコツがあるから伝授いたしましょう!バボメンター   バボ太のように「レセプションがなかなか上がらない」という悩みは多いのではないでしょうか。   ...

ReadMore

練習

2020/4/23

バレーボールのディグは1日で上手くなれます【6つのコツを解説】

バボ太相手のスパイクが全然上がらないんだけど、コツとかあるの?   もちろんあるよ!初心者でもこれさえ守れば上がるようになるってコツを教えましょう!バボメンター   バボ太のように「ディグがなかなか上がらない」という悩みは多いのではないでしょうか。   その前に、もしかしたら「ディグ」ってなに?という方がいるかもしれないので、その場合は下記のの記事でディグについて解説しているのでこの記事を読む前に読んでおくと良いと思います。 バレーボールのレセプションとディグとは?【区別する ...

ReadMore

2020年4月15日


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 『 TOTAL VOLLEYBALL 』 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.