どうも、バボメンターです。

 

バレーボールをしていて「レセプション」や「ディグ」という言葉に遭遇し「え?それ何のこと?」と思ったことがあるのではないでしょうか。

 

知りたかったり、知っておいた方が良さそうとは思っても自分も経験者だったりすると聞くにもなんだか聞きづらかったりするものですよね。

 

そんな悩みを解消してもらうべく、今回は「レセプション」と「ディグ」の違いをわかりやすく解説していきたいと思います。

 

この記事を読むことで「レセプション」や「ディグ」という言葉を理解でき、さらに練習や戦術などのバレーボールの会話がスムーズにできるようになります

 

それではさっそく解説していきますね!

 

レセプションとは

 

結論からいいますと、「レセプション」とは「サーブレシーブ」のことです。

 

「サーブカット」や「キャッチ」などとも言われますが、現代では世界的に「サーブレシーブ」のことを「レセプション」と呼んでいます。

 

つまり、「相手が打ってきたサーブを返球すること」をレセプションといいます。

 

レセプション(reception)の言葉の意味

 

英語のreceptionとはレシーブ(receive=受け取る)の名詞です。

 

他に「受け入れる」だったり「迎え入れる」などといった意味があります。

 

ホテルなどのレセプションは「受付」の意味ですし、レセプションパーティーといったら「歓迎会」の意味があります。

 

バレーボールにおいてはサーブの局面において、相手から来るボールを受け入れる(=迎え入れる)という意味でレセプションという言葉が使われているということになります。

 

ディグとは

 

こちらも結論からいいますと、「ディグ」とは「スパイクレシーブ」のことです。

 

つまり、「相手のスパイク(=アタック)をレシーブすること」を「ディグ」といいます。

 

ディグ(dig)の言葉の意味

 

英語のdigとは「掘る」という意味です。

 

ではなぜスパイクレシーブが「掘る」なのかが気になりますよね?

 

ここは実は深い意味はなく、スパイクレシーブをしている姿が「地面を掘っている姿」に似ているからつけられたそうです。(雑学レベルですが一応覚えておきましょう)

 

なぜレセプションとディグを区別するのか

 

ここまでで「レセプション」と「ディグ」とでは同じレシーブではあるものの、全く別の意味で使われていることがわかりましたね。

 

ただ、「一括でレシーブと呼んだ方が分かりやすいのになんでわざわざ複雑にするんだろう?」と思いますよね。

 

これにはもちろん理由があります。もちろん「区別すると便利だから」なんですが、どう便利なのかという部分を少し詳しく説明していきますね!

 

大きな理由は2つあります。

 

理由

1.レシーブのやり方(技術)が違う

2.課題が分かりやすくなる

 

それでは1つずつ説明していきます。

 

理由1:レシーブのやり方(技術)が違う

 

「レセプション」と「ディグ」とではレシーブする対象が違うことは先ほどお話しましたね。

 

「レセプション」の技術は相手のサーブをレシーブするときの技術なので、相手からサーブを打たれる局面で使います。

 

それに対して「ディグ」の技術は相手のスパイクをレシーブするときの技術なので、相手からスパイクを打たれる局面で使います。

 

バレーボールの試合でそれぞれの局面をイメージしてもらえれば分かりますが、この2つで大きく違うことがあります。

 

それは“打ち手との距離”と“ボールの角度”です。

 

ここでは「2つの技術が違うということを知る」という点がゴールなので詳細の説明は別の記事で書いていきたいと思いますが、観点だけお伝えしますと、

 

遠くから打たれるボール(サーブ)と近くから打たれるボール(スパイク)、また鋭角でよりスピードのあるボール(スパイク)とそうでないボール(サーブ)とではレシーブのやり方が構えから取り方まで全く違うということなです。

 

理由2:課題が分かりやすくなる

 

理由1で「レシーブのやり方(技術)が違う」という話をしました。

 

ということは、それぞれ上手くなるために必要な練習が違うということになりますし、「レセプション」の上手な選手が必ずしも「ディグ」が上手な訳ではないということです。

 

ここで分かりやすくするために課題抽出(ちゅうしゅつ)の話をしていきます。

 

近年のバレーボールはデータ分析化が進行していて、どのチームも勝利を目指してどうすれば勝てるのかをあらゆるデータを取りながら考えています。

 

具体的には「どこのポジションに、どのような選手を配置して、どのような戦術で戦うのか」ということです。

 

その結果を評価する際によく使われている観点に「レセプション返球率」と「ディグ成功率」という観点があります。(詳しくは別の記事で解説したいと思いますのでここでは「そんなのがあるんだ〜」くらいで大丈夫です)

 

これは相手サーブをセッターに上手に返せた確率相手スパイクをレシーブで上げれた確率のことなのですが、

 

チームスタッフや選手自身は、これらのチームの総合データや個人別のデータをみて課題を抽出・把握して改善するための練習計画やトレーニング計画などを立てる訳です。

 

例えばですが「チーム全体として周りのチームよりもレセプション返球率が悪かった」のであれば「レセプション練習の時間やバリエーションを増やす」といった対策が考えられますし、

 

「A選手のディグ成功率が低かった」のであれば「A選手ではなくB選手を入れたらもっとよくなるかもしれない」という仮説がたちます。

 

そういった意味からも、大きくはレシーブという技術ひとつのことではあるのですが、局面別(レセプションとディグという技術別)に課題を見つけ出しやすくなるというメリットはとても大きいのです。

 

そのため、この2つはまったくの別物として区別して扱われるようになったということです。

 

まとめ

 

今回は「レセプション」と「ディグ」の違いについて、詳しく解説してきました。

 

「レセプション」とはサーブレシーブのことであり、相手が打ってきたサーブを返球することでした。語句の由来はreceive(受け取る)でした。

 

そして、

 

「ディグ」とはスパイクレシーブのことであり、相手のスパイク(=アタック)をレシーブすることでした。digは英語で「掘る」という意味で、由来はスパイクレシーブをしている姿が似ているからでしたね。

 

また、区別する理由は「レシーブのやり方(技術)が違うこと」や「課題が分かりやすくなること」が大きな理由でした。

 

言葉や区別する意味を理解できたと思うので、今後はきっとレシーブに関しての局面別の少し難しい話もすんなり理解できるんじゃないかなと思います。

 

少しずつ自分でも使ってみながら理解を深めていってもらえればと思います(^^)

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございます。

2020年3月25日


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 『 TOTAL VOLLEYBALL 』 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.