バボ太
オーバーハンドパスって、指痛いし難しすぎてできる気がしないわ。もうバレーやめようかなレベル。チ〜ン。。

 

オーバーハンドパスは確かに難しいし、苦手な人もすごく多いからバボ太の気持ちは分かるな。
バボメンター

 

でも、諦めたらそこで試合終...
バボメンター

 

バボ太
いや待て!!!それなんか種目違わないか?

 

おっとバレたか!笑
バボメンター

 

でも、バレーでももちろん大事!今日はオーバーハンドパスのコツを教えるから一緒に頑張っていこう!
バボメンター

 

バボ太
マジで教えてくれー!

 

ということで、今回はオーバーハンドパスのコツについて解説をしていきます。

 

今回紹介する5つのコツを実践したことで私バボメンターのオーバーがかなり上達した経験があるので、あなたもきっと上達できると思います。

 

それでは早速始めていきましょう!

 

オーバーハンドパスの5つのコツ

オーバーハンドパスの5つのコツ

まず、オーバーハンドパスのコツはタイトルでも伝えているように大きくは下の5つになります。

5つのコツ

  1. 素早くボールの下に入る
  2. しっかり止まる
  3. ボールが落ちてくるまで待つ
  4. 床からの反発でボールを押す
  5. 手をしっかり伸ばしきる

 

この5つの中にも注意してほしいポイントがいくつもあったりするので、1つずつ詳しく説明していきます。

 

オーバーハンドパスのコツその1:素早くボールの下に入る

まずは素早くボールの下に入ることが何よりも大事なことになります。

 

なぜなら、オーバーハンドパスは自分のおでこの前でボールを捉えることがとても重要な技術だからです。

 

そのためには何が必要になるかというと「素早いフットワーク」です。

 

小学生の練習や中学校の部活動のアップで何かとフットワーク系のメニューが多かったりするのは、基本であるオーバーハンドパスやアンダーハンドパスをする際にしっかりとボールの正面に移動ができないと始まらないからですね。

 

ですので、まずは素早くボールの下に入らなければならないということはしっかりと頭に入れておきましょう。

さらにアドバイス

素早くボールの下に移動するには反応やダッシュの練習をしっかりやっておくことが重要です!

 

オーバーハンドパスのコツその2:しっかり止まる

次に「しっかり止まる」ことが重要です。

 

これは単純に、動きながらと止まった状態のどちらが丁寧にボールをコントロールできるかということです。
当然、止まった状態の方が正確にコントロールができます

 

ここで、止まる際に意識をして欲しいことを5つ言います。

 

バボ太
止まるだけで5つもあるの!?もうこの世の終わりだ。難しすぎる。。

 

お!さっきの流れからの「世界が終わるまでは〜」ってか!?うまい!笑
バボメンター

 

バボ太
は?

 

え〜、すべったのはさておき、終わらないでくれ!ここはそんなに難しくないよ!
バボメンター

 

気を取り直して、止まる際に意識をして欲しいこと5つは下の通りです。

止まる際のポイント

  • 膝を曲げておく
  • 股関節を入れる(お尻を後ろに出す感じ)
  • 上半身は起こしたままにしておく
  • あごは上げない(上目遣いで)
  • 体重は前方に乗せる(母指球に体重を乗せる)

こんな感じです。

 

この5つは、ボールを上に運んであげる為の準備になるので、ボールが自分の手元に落ちてくる前にこの準備が終わるようにしましょう!それぞれの理由は下記の通りです。

  • 膝を曲げておく → 体を持ち上げながらボールを運びたいので。
  • 股関節を入れる → お尻が前に来てしまうと、体が後ろに傾いてしまうので。
  • 上半身は起こしたままにしておく → 1番ボールコントロールしやすい態勢だから。
  • あごは上げない → しっかりと前方の視野を確保したいから。
  • 体重は前方に乗せる → ボールを前方に運びやすくなるから。

それぞれ1つずつだけ挙げましたが、ちゃんと理由があ流ということです。

 

このように「止まる」ことでのメリットは絶大ですので、余程の難しいボール以外に関してはしっかり止まってボールに触るようにしましょう。

 

オーバーハンドパスのコツその3:ボールが落ちてくるまで待つ

オーバーハンドパスのコツその3:ボールが落ちてくるまで待つ

次に、ボールが落ちてくるまで必ず待ちましょう。(↑この猫くらいじっと待ちましょう笑)

 

これは「オーバーをするとき指が痛い!」という場合にはこれができるだけで解決できるというオーバーハンドパスのコツになります。

 

というのも、上から下に落ちてくるボールに対して、ボールが落ちてくるのを待たないで下から上に向かって手を上げてボールを迎えに行ってしまっている場合、ボールと指のTHE・正面衝突ですよね。当然、痛いです(泣)

 

ボールが重力で落ちてくるのは変えることができないので、ボールと指の正面衝突を避けるためにも自分から手をボールに近づけないように、しっかりとボールが落ちてくるのを待つようにしましょう!

 

オーバーハンドパスのコツその4:床からの反発でボールを押す

次のコツは「床からの反発でボールを押す」ということなのですが、きっとこれは聞いたことがないのではないかと思っています。少し難しい表現ですよね(汗)

 

これはどういうことかと言いますと、ボールが落ちてきて自分の手にボールが入ったらしっかり床を蹴り上げましょうということです。

さらにアドバイス

床を蹴り上げると言っても足はもともと床についていますので、床を蹴るというよりは意識的に強く踏みながら膝を伸ばすということになります。

 

足には腕よりも大きな筋肉がついていますので、この力をうまく使うことができれば腕の力がなくてもかなり遠くまでボールを運ぶことができます

 

オーバーハンドパスのコツその5:手をしっかり伸ばしきる

最後になりますが、手はしっかり伸ばしきりましょう。

 

そうすることで、おでこの前で捉えたボールを腕が伸びきるまでの距離の分だけ自分でコントロールすることができるので、自分の思った方向へボールを運ぶことが可能になります。

さらにアドバイス

手を伸ばしきる際にボールが離れるギリギリまでボールに触っていようとした場合、ボールを出した後に両手の手のひらが多少外側を向くと思います。それ、いい感じです!

 

まとめ

まとめていきましょう!

まず、今回解説してきたオーバーハンドパスに5つのコツは下記の5つでしたね。

5つのコツ

  1. 素早くボールの下に入る
  2. しっかり止まる
  3. ボールが落ちてくるまで待つ
  4. 床からの反発でボールを押す
  5. 手をしっかり伸ばしきる

 

さらに、気をつけることでかなり上達できるポイントとして「しっかり止まる」の部分では下記について解説をしました。

止まる際のポイント

  • 膝を曲げておく
  • 股関節を入れる(お尻を後ろに出す感じ)
  • 上半身は起こしたままにしておく
  • あごは上げない(上目遣いで)
  • 体重は前方に乗せる(母指球に体重を乗せる)

今、上のリストをみて「これ何のことだっけ?」という部分がある場合は少し戻ってゆっくり復習してみてくださいね。

 

今回解説してきた内容を踏まえて練習を頑張ってもらって、少しでも上達してもらえたら嬉しいです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます(^^)

2020年4月22日


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 『 TOTAL VOLLEYBALL 』 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.